無料ツールやフリーソフトを使えば、制作会社を頼らずに、自分でホームページ制作ができる!

自分でホームページを作るためのステップA

何を使って作るか決めよう

 

サイトの方向性が固まってきたら、次はどのようなツールを使って作るかを決めましょう。

 

ホームページ制作ツールには、作成ソフト、WEBサービス、CMS、HTMLテンプレートなど様々なものがあり、それぞれに無料・有料のものがあります。

 

当サイトはその中でも 【ホームページ作成WEBサービス】 を使う事をお薦めします。

 

理由についてはトップページでもふれましたが、ホームページ作成WEBサービスは、簡単・無料・高機能なものが多く、初心者にとって最も簡単にホームページが作れる方法のひとつだからです。

 

下記でホームページ制作WEBサービスを解説しています。それぞれのサービスの中から、自分の使いやすそうなものや、自分のイメージに合うサイトが作れそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

無料ホームページ作成ツールと参考サイトまとめ

ここに挙げてあるサイトは、完全無料プランがあるもの、日本語に対応しているものに限定しています。日本語に対応していないSquearspaceや、無料期間が終了すると料金が発生するBiND cloud、グーペなどは今回は除外してあります。

jimdo

 

jimdo(ジンドゥー)はホームページ作成WEBサービスの中でもメジャーなサービスです。

 

操作は簡単で、基本的にクリックとタイプ(文字を打つ)操作さえできればホームページが作れます。
テンプレートも、デザイン性と使いやすさが調度良いバランスで保たれていると思います。

 

twitter、facebook、youtube、フォトギャラリー、グーグルマップ、ファイルダウンロード、カレンダー、ゲストブック、オンラインショップ、メールフォームその他様々な連携機能に対応しています。→jimdoの機能

 

スマホ表示にも対応。自動的にiPhoneやAndoroidに適した画面を表示できます。→スマートホン表示

 

JimdoFree(無料)、JimdoPro(年額11,340円)、JimdoBusiness(年額28,980円)と3つのプランがあります。無料プランでは、作成したホームページに広告が入ります。→それぞれのプランの違い

 

 

jimdoで作られた参考サイト・サンプルサイト

Jimdoのステキなサイトを紹介!Vol.1
Jimdoのステキなサイトを紹介!vol.2
Jimdoのステキなサイトを紹介!vol.3
JimdoPages - メモサイト「どんなもんじゃろい」
Webサイト自力作成サービス紹介・Jimdo it yourself!

スポンサード リンク

Wix

 

Wix(ウィックス)はjimdoと並ぶ、メジャーなホームページ作成WEBサービスです。

 

デザイン性に優れており、デザインを重視したい方にお薦めです。そのぶん、テキスト重視のサイトには若干不向きな印象です。高機能ですが、使いこなすには少々慣れが必要かもしれません。

 

Wixは機能が多く、一般的な機能は全て網羅しているのではないかと思うほどです。→Wixの機能
機能をうまく使えば非常に高度なサイトができます。公式ブログ等をご参照ください。→公式ブログ

 

スマホ表示にも対応。自動的にiPhoneやAndoroidに適した画面を表示できます。→スマートホン表示

 

フリー(無料)、コンボ(年額10,800円)、無制限(年額15,600)、eコマース(年額20,400円)のプランがあります。無料プランでは作成したホームページに広告が入ります。→それぞれのプランの違い

 

 

Wixで作られた参考サイト・サンプルサイト

Wixで作られたサイト紹介【日本〜無料編】
Wixで作られたサイト紹介【日本〜独自ドメイン編】
Wixで作られたサイト紹介【日本〜有料編】
Wixユーザーが作成したHTML5ウェブサイトを見てみよう! | WIX
ホームページの背景使いを参考にしたいウェブデザイン12選

Weebly

 

Weebly(ウィーブリー)は、jimdoやwixを追随するホームページ作成WEBサービスです。

 

ドラッグ・アンド・ドロップでサイトを編集できます。テンプレートがかなり多く、デザイン的にも優れています。日本語対応がまだ充分でなく、一部英語なところがありますが、操作は簡単なので直感的に編集できるでしょう。

 

Weeblyは、無料プランでも広告がほとんど入りません。また、無料プランでも独自ドメインを設定できる珍しいサービスです。有料プランも他サービスと比較してかなり安い値段設定になっています。

 

機能としては、twitter、facebook、youtube、フォトギャラリー、グーグルマップ、スライドショー、オンラインショップ、メールフォーム等のほか、HTML埋め込みによりほぼ何でもできます。→Weeblyの機能

 

スマホ表示にも対応。自動的にiPhoneやAndoroidに適した画面を表示できます。→スマートホン表示

 

フリープラン(無料)、スタータープラン(ドル建て・年額5000円前後)、プロプラン(ドル建て・年額10000円前後)、無料プランでは作成したホームページに広告が入ります。→それぞれのプランの違い

 

 

Weeblyで作られた参考サイト・サンプルサイト

無料ウェブサイトを構築する | Weebly
Weebly Themes - Find cool Weebly themes
Weebly Websites Examples
ボード:Weebly Example Websites | 20 件のピン

 

Grupo

Grupo(グルーポ)はCMSタイプのホームページ作成ツールです。

 

とにかく使いやすいです。レンタルブログやmixiに似た操作感で、パソコンに慣れていない方も使えると思います。デザイン性が高くない点が残念ですが、総合的に見てお薦めのサービスです。

 

機能面は、ホームページに備えたいものが一通り揃っている印象です。何より、ブログ、カレンダー、掲示板など、機能のほぼ全てがGrupoの管理画面内で管理できる点が便利です。また、メールマガジンやパスワード付きページ、予約管理システムなど、特殊な機能もあります。→Grupoの機能

 

ただ、フリープランだとHTMLの使用に大きく制限がかかり、カスタマイズは自由度が低いです。

 

スマホ表示にも対応。自動的にiPhoneやAndoroidに適した画面を表示できます。→スマートホン表示

 

フリープラン(無料)、プレミアムプラン(月額490円)、ビジネスプラン(月額1000円)があります。無料プランでは作成したホームページに広告が入ります。→それぞれのプランの違い

 

Grupo公式サイト

かんたんホームページ作成 - Grupo

 

Grupoで作られた参考サイト・サンプルサイト

選べるデザイン - 簡単ホームページ作成:Grupo

Strikingly

ちなみに、Strikinglyの読み方はストライキングリーであって、ストリキングリーではないようです

Strikingly(ストライキングリー)はシングルページのWEBサイトを短時間で作れるサービスです。

 

非常に洗練されたデザインと、1ページのみで構成されたサイトを生成するのが特徴です。元々英語のサービスが日本語に対応したものなので、管理画面が一部英語の所があり、慣れないと使いにくい感じがします。しかし、使いこなせばプロが作ったような綺麗なサイトを作ることができるでしょう。

 

機能としては、グーグルマップ、カレンダー、メールフォーム、facebookやInstagramとの連携など。HTMLの埋め込みは有料版でしかできないので、無料版でできることはそれなりに制限があります。

 

元々スマホなどモバイル向けに作られたサービスですが、PCからの閲覧にも対応しています。

 

フリープラン(無料)、リミテッドプラン(月額8ドル)、プロプラン(月額16ドル)があります。無料プランはStrikinglyの広告が入りますが、ほとんど目立ちません。→それぞれのプランの違い

 

Strikingly公式サイト

Strikingly - わずか数分でシンプルで美しいモバイルサイトを作成

 

Strikinglyで作られた参考サイト・サンプルサイト

Discover Strikingly Sites - Customer Gallery - Strikingly

AMS

AMS(エーエムエス)は、WEBデザイン業者が運営するホームページ作成WEBサービスです。

 

WEBデザイン業者が運営するサービスならではの、使いやすいサービスに仕上がっています。操作性がよく、かなり簡単に制作を進めることができます。有料で制作代行が頼めるのも利点でしょう。

 

デザインとしては、どちらかというとビジネス向けの綺麗でカッチリしたものが多い印象です。フリープランで使えるテンプレートは少なくありませんが、もう少し形にバリエーションがほしいところです。

 

AMSの機能としては、SNS連携、専用素材集、オンライン画像加工、youtube表示などがある上、フリープランでもHTML埋め込みができるので自由度は高いです。→AMSの機能

 

フリープラン(無料)、LEOプラン(月額1080円)、ACEプラン(月額3240円)があります。無料プランは広告が入りますが、目立つところに入るので注意。→それぞれのプランの違い

 

AMS公式サイト

簡単ホームページ作成ツールAMS - プロのデザインを誰でも簡単に!

 

AMSで作られた参考サイト・サンプルサイト

サンプルホームページ - 簡単ホームページ作成ツールAMS

Flips

Flips(フリップス)はCMSタイプのホームページ作成ツールです。

 

Flipsは、AMSのように日本の会社が運営しています。導入や操作は簡単なので迷うことはないでしょう。特に、管理画面はブロックごとの編集領域が視覚的に分かれていてやりやすいです。

 

デザイン面では、やや大人しめな印象のテンプレートが多く、ビジネスに合いそうです。無料で使えるテンプレートがかなり多い上レイアウトもパターンがあるので、選択肢が広いと言えるでしょう。

 

機能面では一般的なものを揃えているものの、無料版だとできることが少なくなります。他サービスと連携したい場合、基本的にHTML埋め込みで対応する形になるでしょう。スマホ表示には無料版でも対応しています。→Flipsの機能

 

フリープラン(無料)、スタンダードプラン、アドバンスプランがあります。料金はポイント制になっており、一度に多くのポイントを買えばそのぶん1ポイントあたりの単価が下がるシステムです。→それぞれのプランの違い

 

Flips公式サイト

簡単・無料のホームページ作成ソフト(ビジネス用)|Flips

 

Flipsで作られた参考サイト・サンプルサイト

Flips(フリップス) 簡単ホームページ作成ツール(ホームページ作成ソフト)

Webnode

Webnode(ウェブノード)はjimdoやwixライクなホームページ作成WEBサービスです。

 

元々は海外のサービスですが、日本語にほぼ完璧に対応していて、作成画面もナビゲーションによる説明でわかりやすいです。使い方なども画像入りで丁寧に説明されています。→Webnodeの使い方

 

デザイン面では、無料プランで使用できるテンプレートがそこそこ多く、バリエーションも豊富なので、様々なタイプのサイトが作れるでしょう。レイアウトの変更も作成画面から行えるのが便利です。

 

機能として、SNS連携、地図、フォームはもちろん、フォトギャラリー、フォーラム、ゲストブック、アンケート等の設置も可能。HTMLコードの埋め込みにより、様々なカスタムが可能です。→Webnodeの機能

 

スマホ表示にも対応。自動的にiPhoneやAndoroidに適した画面を表示できます。→スマートホン表示

 

フリープラン(無料)、ミニプラン(月額238円)、スタンダードプラン(月額792円)、プロプラン(月額1988円)です。無料プランでも広告が入らないのが特徴です。→それぞれのプランの違い

 

Webnode公式サイト

ホームページを無料で作成?-?Webnode

 

Webnodeで作られた参考サイト・サンプルサイト

ユーザーの声 - Webnode

Cloudline

Cloudline(クラウドライン)はシンプルなオンラインホームページビルダーです。

 

登録や編集など、とにかくシンプルです。チュートリアルもわかりやすく、オンラインホームページビルダーの中でも最も作成が簡単な部類でしょう。ですが、シンプルだけに自由度は低めです。

 

デザインは、テンプレートの形にあまりバリエーションがないので、レイアウトにこだわりたい方には向きません。しかし、余計なもののないシンプルなデザインなので、逆に使い勝手はいいと思います。

 

機能は多くありませんが、必要なものは揃っています。スマホ表示にも対応。→Cloudlineの機能

 

無料プランとビジネスプランがあり、ビジネスプランの料金は月額3,780円です。
無料プランは広告が入りますが、結構目立つところに入るので注意。→それぞれのプランの違い

 

Cloudline公式サイト

ホームページ作成は無料で簡単 - クラウドライン

 

Cloudlineで作られた参考サイト・サンプルサイト

事例紹介 | ホームページ作成のクラウドライン

BASE

 

BASE(ベース)はオンラインネットショップ作成サービスです。

 

30秒でネットショップが完成します、というキャッチコピーの通り、とても簡単な操作でネットショップを立ち上げる事ができます。aboutページでの自己紹介や、メールフォームの設置も可能です。また、SNSとの連携ができ、スマートホン表示にも対応しています。

 

BASEの特徴は、何といっても料金が無料という所です。月額料金、初期費用等が発生しません。但しクレジット決済時のみ手数料3.6%+40円が課金されます。決済方法として、個人では導入しにくいクレジットカード決済・コンビニ決済に加え、銀行振り込み・代金引換決済が使えるのも大きな利点です。

 

商品撮影サービス、クーポン発行機能、スマホケース作成、Tシャツ作成、ラッピング梱包キットプレゼントなど、これが無料でいいの?と思えるサービスが無料で提供されています。→BASEの機能

 

ただ、BASEの一番の問題点はカスタマイズ性が低いという所。HTMLがほとんど使えず、文字色すら変えられません。そのぶんシンプルに誰でも使えるという感じですが、強調くらいはできるようになってほしいところです。

 

BASE公式サイト

BASE(ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成

 

BASEで作られた参考サイト・サンプルサイト

StoreCurate BASEやSTORESのショップリスト

 

・どれを選べばいいのかわからない

 

ここまでホームページ作成WEBサービスを見てきましたが、これらの中からどれを選べばいいのかわからない、という方もいるかと思います。そういうときは、自分が何を重要視するかを考えて選ぶといいでしょう。主な選考基準は、使いやすさ、デザイン、機能、有料版の料金などがあります。

 

・おすすめはどのサービスなの?

 

管理人の個人的おすすめはこちらです。

 

バランス重視なら・・・Jimdo
バランスのとれたサイトが作りたいならJimdoがいいと思います。テンプレートもまずまずデザインがよく、テキストメインでも、画像メインでもそれなりに対応できるでしょう。ただ編集に若干クセがあるため、Jimdoの編集画面が使いづらいという方は、Webnodeあたりも試してみてほしいです。

 

デザイン重視なら・・・Wix
デザインを重視したい方はWixをおすすめします。美容室、ネイルサロン、BARなど、お洒落なホームページが欲しい方にぴったりです。多機能なので編集に慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、慣れれば問題なく操作できるようになるでしょう。デザイン重視ならStrikinglyもおすすめ。

 

使いやすさ重視なら・・・Grupo
使いやすさにこだわるならGrupoがおすすめです。編集のしやすさ、機能の多さ、入れ込みやすさ、管理しやすさなど、初心者に使いやすいサービスだと思います。テンプレートのデザインは良いとは言えませんが、その素朴なテイストは幅広い用途と年齢層に対応できるでしょう。

 

ネットショップなら・・・BASE
ネットショップを開きたいならBASEがよいでしょう。費用が安く、無料サービスも充実しています。BASE単体でも簡易ホームページ代わりになりますし、ホームページからBASEへリンクしてネットショップ機能を持たせるのもいいでしょう。ただ、カスタマイズ性が低いところが難点です。

 

・それでもまだ決まらない

 

それでもまだ決まらないという方は、とりあえず無料プランを使ってみて、使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。このページに掲載しているサービスは全て無料プランがあるので、お試しで使うことができます。決めるのはもう少し先にしたいという人は、このまま読み進めていってもかまいません。

 

自分でホームページを作るステップBへ

スポンサード リンク