無料ツールやフリーソフトを使えば、制作会社を頼らずに、自分でホームページ制作ができる!

自分でホームページを作るためのステップC

実際にサイトを作ってみよう

 

次は、いよいよホームページを作るステップに入りましょう。
ステップAで決めたホームページ作成WEBサービスを使い、実際にサイトを組み立てていきます。

 

作成のカギは、使用するWEBサービスの使い方です。基本的な使い方は各サービス内で解説されていますが、実際に作成を始めてみると解らない部分も出てくるでしょう。

 

このページでは主要なホームページ作成WEBサービスの使い方を解説した動画やサイトをまとめてあります。作成する際の参考になると思いますので、是非参照して下さい。

 

また、ホームページ作成ツールを使うにも慣れが必要です。どのツールもはじめは難しく感じるかもしれませんが、使っていくうちに慣れていくものです。諦めずにしばらく使ってみるのがいいでしょう。

 

スポンサード リンク

動画マニュアル

jimdo

 

jimdoの使い方を解説している方の動画です。全30回近くのボリュームで、とても丁寧に解説されています。
動画内に次の動画へのリンクも張っていてくれているので、順番に見れて大変助かります。

 

全動画 : https://www.youtube.com/user/webkenbee/videos

WiX

 

Wixの使い方を解説している方の動画です。項目ごとに解りやすく解説されています。初心者が知っておきたいであろう情報が短めにまとめてあるので、Wixでの作成をする人には是非見てもらいたいです。

 

全動画 : https://www.youtube.com/channel/UCCIPauF3j5hQ0sbkO_tFTCA

Weebly

 

Weeblyの使い方を解説している方の動画です。ボリュームは少ないですが、基本的な使い方が理解できるでしょう。海外の動画にはWeeblyを解説しているものが沢山あり、お勧めです。→こちらなど

 

全動画 : https://www.youtube.com/user/smashbizjp/videos

 

WEBページマニュアル

 

Jimdo図解操作方法
http://tocotoco.jimdo.com/

 

無料WiX入門講座dekisoデキソ
http://kanta-k.jimdo.com/wix%E8%AC%9B%E5%BA%A7/

 

Weebly使い方ステップ・バイ・ ステップ日本語ガイド
http://jpnpage.weebly.com/

 

Webサービス「Strikingly」
http://kagaya.strikingly.com/

 

AMSマニュアル
http://amsstudio.jp/manual/

 

Flipsの使い方 | Flipsマニュアル
http://manual.flips.jp/blog/120/

 

Webnode - 使い方
http://www.webnode.jp/manual/

 

ホームページ作成のクラウドライン:公開までの流れ
http://cloud-line.com/tutorial/

 

BASE(ベイス)』の使い方ガイド
http://nanapi.jp/56806/

 

今までのステップを振り返ろう

 

作成に入ると、まずテンプレート選びで迷うと思います。そこで、ステップ@で考えた「サイトの方向性」を振り返ってみてください。何のサイトを作るのか、そのサイトの目的は何なのか、どんなテイストのサイトにしたいのかを考えましたね?そこから考えれば、どんなテンプレートを選べばいいかが見えてくると思います。

 

次に、ステップBで考えた「サイトのメニュー」を入れていきましょう。すると、全体のページ構成がおおまかに決められると思います。ページを多くしすぎないためにも、統合できるものは統合し、適度なバランスにおさめましょう。

 

続いて、作りやすそうなページから中身に着手していきましょう。ツールによっては、サイトだけでなくページのテンプレートも用意されている所もあるので、そういったものを使うのもいいでしょう。ページ内容のイメージが固まらない時は、色々なサイトを見て参考にしましょう。ステップAに、各ツールで作られたサンプルサイトのリンクを掲載してあります。

 

作成ポイントアドバイス

 

初めてホームページを作る際に気をつけたい点や、やりがちな失敗についてのアドバイスです。
必ずしも守らなくてはいけないものではありませんが、参考までにお読みください。

 

ユーザビリティを考えよう

 

良いホームページを目指すなら、ユーザビリティの高さを意識しましょう。内容は解りやすいか?リンクの位置は適しているか?配色の加減はどうか?など、気をつかうべき点はたくさんありますが、基本的には訪れた人に親切なホームページを心がけましょう。

 

ページは分割しすぎないように

 

内容が少ないのに多数のページに分けてしまわないように注意しましょう。ページがたくさんあるとユーザーの混乱にもつながります。コンテンツが少ないなら全てを1ページにまとめるのも手です。

 

サイトのテーマを明確にしよう

 

サイトにいくつもの異なるテーマを盛り込んでしまうと、何のホームページなのかよくわからなくなってしまう事があります。テーマはなるべく絞ったり、同系統のものでまとめるといいでしょう。複数のテーマを扱いたいのであれば、ブログのほうが適している場合もあります。

 

不必要な特殊効果はやめよう

 

ページを開いた瞬間に音楽が流れたり、派手すぎるFlashが動いたりと、見に来た人が望んでいない特殊効果をつけるのは控えたほうがいいでしょう。ほとんどの訪問者にとって、そういった特殊効果は迷惑にしかなりません。

 

自分でホームページを作るステップDへ

スポンサード リンク