無料ツールやフリーソフトを使えば、制作会社を頼らずに、自分でホームページ制作ができる!

自分でホームページを作るためのステップD

より本格的なサイトにしよう

 

最後に、サイトをより本格的にする方法をご紹介します。それは、様々なWEBサービスのパーツを組み込む方法です。

 

WEBサービスのパーツを組み込む事で、サイトの見た目が整えられると共に、高度な機能を簡単に取り入れる事ができます。ほとんどの場合コピペで済むので、初心者でも問題なく導入できるでしょう。

 

ホームページにとってスマホやソーシャルサイトとの連携はもはや欠かせない要素です。WEBサービスのパーツは、そんな連携を手助けしてくれるツールと言えます。

 

このページではホームページに組み込める主要なWEBサービスをまとめました。

 

スポンサード リンク

代表的なパーツ

動画サイト

 

youtubeの埋め込み機能を使えば、youtube動画をホームページ上に載せる事ができます。動画などを載せることで、より視覚的にアピールできるでしょう。また、巨大なアクセスを持つyoutubeからのアクセス流入も期待できます。作成するサイトによって、商品やサービス等のプロモーション動画、音楽PVやライブの動画など、応用は無限大です。その他大手動画サイトも、ほとんどがホームページの埋め込み可能です。

 

YouTube動画のホームページへの埋め込み方法と注意点 - YouTube

 

写真素材

 

ネットには無数の素材サイトがあり、写真、イラスト、テクスチャなどの素材が掲載されています。当サイトで使用している写真もそのほとんどが素材サイトのものです。ホームページに写真などの素材を入れるだけで、見た目をぐっと良くする事ができます。無料で利用できる素材サイトも沢山あるので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

Google Maps

大きな地図で見る

 

グーグルマップの埋め込み機能で、ホームページに地図を入れこむことができます。タグを貼るだけで高機能な地図ができるので、いちいち画像で地図を作る必要がありません。また、グーグルマップへリンクが張られることで、スマホから見た時にナビと連携することができます。お店などをやっている場合、お客様が迷わずに来れるので非常に便利です。

 

地図を埋め込む - マップ ヘルプ

 

Google Calendar

 

Googleカレンダーを使えば、ホームページにカレンダーを埋め込むことができます。これにより、お店の営業日やお医者さんの開業日などをホームページ上に示すことができます。もっと細かく、時間ごとのスケジュールを表示することもできます。埋込み式なのでわざわざホームページを更新することなく内容を変更することができますし、スマホ等からも使う事ができます。予約制がある業種にはとても便利です。

 

ウェブサイトに埋め込む - カレンダー ヘルプ

 

SNSサイト

 

twitter

twitterの埋め込みタイムラインを使えば、つぶやきをホームページ上に表示させることができます。わざわざホームページを更新しなくてもお知らせや更新情報を表示させることができます。自分のつぶやきだけでも、他者のつぶやきを一緒に表示させることもできます。

 

https://dev.twitter.com/ja/web/embedded-timelines

 

facebook

facebookプラグインを使えば、ホームページにfacebookの機能を埋め込めます。コメント機能、フォロワー表示、いいねボタン、いいねBoxなどが使えます。facebook上の更新をホームページに表示したり、facebookの強力なソーシャル性を活かすことができます。

 

https://developers.facebook.com/docs/plugins?locale=ja_JP

 

 

LINE

LINEもホームページに活用することができます。LINEで送るボタンを設置すれば、URLをLINEで共有してもらうことができるし、ホームページに自分のアカウントのIDやQRコードを設置すれば、そこから友だち追加してもらうこともできます。

 

https://media.line.me/howto/ja/

 

SNSボタン

当サイトにも取り入れている「忍者おまとめボタン」を使えば、タグをコピペするだけでホームページにSNSボタンを設置することができます。クリックするだけでシェアできる色々なSNSサイトのボタンを生成できるので、シェアしてもらいやすくなります。

 

http://www.ninja.co.jp/omatome/

 

・まずはチャレンジしてみよう

 

ここまでホームページの作り方を解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

このサイトをご覧になっているほとんどの方が、はじめてのホームページ作りに着手しようとしている事だと思います。読んでみてもいまいちピンとこない部分もあったかもしれませんが、まずチャレンジしてみることをお勧めします。実際に作成していく中でわかってくる事がたくさんあるからです。

 

トップページでも触れたように、近年の無料ホームページ作成サービスの進化は眼を見張るものがあります。初心者でも簡単にホームページを作成できるように計算されて作られており、しかも無料ではじめられるものがほとんどです。

 

とりあえずステップAで紹介したような無料ホームページ作成サービスのアカウントを作って、色々いじってみるのもいいと思います。わからなくなったらその都度調べるくらいの気持ちで望むのが丁度いいのかもしれません。そんな時、当サイトの内容が皆様のお役に立てれば幸いです。

 

有料?無料?サーバー・ドメインの選び方とは? へ

スポンサード リンク