無料ツールやフリーソフトを使えば、制作会社を頼らずに、自分でホームページ制作ができる!

サーバーって何?ドメインって何?

 

ホームページ関連の用語でよく出てくるのが、サーバーとドメインという用語です。
このサーバーとドメインというもの、聴いたことはあるけど、実際どういうものかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

まずサーバーですが、これはホームページのデータを置いておくための、インターネット上のスペースだとお考え下さい。皆さんが普段なにげなく見ているホームページも、実は色々なデータで構成されています。ホームページに載っている文章、写真、イラスト、アイコン、HTMLやCSSなどといったものなど、様々なデータが組み合わされて、ホームページを形づくっているわけです。

 

それらのデータは最初、そのデータをつくった人のパソコンの中にあります。
でも普通、人のパソコンの中にあるデータを他の人が見ることは出来ませんよね?
なので、そのデータを沢山の人に見せられるようにネット上にアップロードする必要があります。
そのアップロードできるスペースこそが、サーバーなのです。

無料サーバーと有料サーバー

サーバーにも色々ありますが、一般的なホームページ作成の際は、無料サーバーかレンタルサーバーを使うことになるでしょう。

 

無料サーバーは、FC2、忍者、googleなど、大手のWEBサービスなどが提供する無料のホームページスペースです。無料で利用できますが、やはり有料のものと比べると機能面では不十分であると言わざるを得ません。少し高度なことをやろうとすると、無料サーバーの機能では対応できないということも少なくありません。

 

また、規約などはそれを提供するWEBサービスに準じなければなりません。例えば、ホームページを作ったものの、知らないうちにそのWEBサービスの規約に違反してしまっていた場合、いきなりサイトを凍結させられてしまうといった事もあり得ます。無料サーバーはコストがかからないためホームページの目的によっては便利なサービスですが、ビジネスで使うにはあまりおすすめできません。

 

一方レンタルサーバーは、月々料金を払って利用するサーバーサービスです。ロリポップやさくらレンタルサーバーが有名です。各サービスや値段によって違いますが、有料なぶん無料サーバーよりも機能が充実しています。サーバーの容量も大きく、後述する独自ドメインを使えばいくつものホームページを1つのサーバー内で運営する事ができます。ビジネスやアフィリエイトで使う場合、有料のレンタルサーバーをお勧めします。

独自ドメイン

次にドメインですが、これはホームページの住所のようなものと考えると解りやすいでしょう。ホームページを公開する際には訪ねるべき住所がないと、人が来れません。その住所にあたるものがドメインです。

 

普通はサーバーを取得した時点で住所が決まっているので、そのままその住所を使うこともできますが、お金を払って新たに好きなドメインを取得することもできます。それが独自ドメインというサービスです。独自ドメインはドメイン取得サービスを提供しているサイトで取ることができます。ムームードメインやお名前ドットコムが有名です。

 

独自ドメインを取るメリットはいくつかありますが、まずホームページのURLを短くわかりやすくすることができるので、ユーザーに覚えてもらいやすくなるという点です。たったそれだけのことでもアクセスが変わってきます。また、独自ドメインを取得しておくと、サーバーを引っ越した時でも同じURLでアクセスできるという利点があります。

 

ビジネスで使うホームページでドメインを取得していないのはあまり好ましくありません。無料サーバーのドメインはすぐにわかるので、サイトの信用にも関わるからです。

おすすめの組み合わせ

ビジネスで使うなら、サーバー、ドメイン共に有料のものを取得しておいたほうがいいでしょう。
私がおすすめするのは、ロリポップサーバーとムームードメインの組み合わせです。

 

これらのサービスは運営会社が同じなため、サービスの連携に優れています。サーバーとドメインを設定する作業はわかりにくくて面倒な事が多いですが、これらのサービスはその点の連携が優れており、簡単にできるようになっています。

 

操作がわかりやすく使い勝手がいいですし、値段的にもリーズナブルです。機能面も初級者から中級者までカバーできる内容です。公式ホームページが何故かメルヘンチックなデザインなので本当に大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、WEB業界でも長く愛されている老舗的サービスです。

 

ホームページに必須のおすすめアクセス解析 へ

スポンサード リンク